中居正広は父子家庭で育った⁉極貧の幼少期の辛い過去とは?

中居正広 父子家庭 極貧 幼少期
スポンサーリンク

芸能界きってのMCの中居正広さん、現在は闘病生活でげっそりと痩せて心配の声が多数あがっています。

今回は、そんな中居正広さんがどのような家庭で育ったのかを調査しました!

中居正広さんは父子家庭だったのか?極貧生活とは?について書いてみました。

スポンサーリンク
目次

中居正広は本当に父子家庭だったのか?

中居正広さんの父(正志さん)は、2015年2月19日に喉頭がんのため亡くなっています。

その時の闘病生活を、中居さんがとても親身に支えていたと聞きますね。

そんな父思いの中居さんですが、父・中居正志さんと母・絹代さんは中居さんが小学生の時に離婚されています。

父に引き取られた中居さんは、父子家庭として育ったようです。

小学生の頃に藤沢市鵠沼から辻堂の方に引っ越していますね。

やっぱり、父子家庭は本当のようですね!

スポンサーリンク

中居正広の極貧生活の実態は?

ジャニーズ時代の年収は5億円とまで言われるあの中居正広さんですが・・・。

本当に極貧生活だったのでしょうか?

中居が生まれ育った家は「4畳と3畳半くらいで、天井が低かった」、「意外とちょっとした庭があって『その分部屋作ってくれ』という感じ」だったという。当時の中居家は風呂に週2回しか入れず、夏場は兄弟3人が学校でプールがあるため、自宅での入浴は日曜日のみだった。中居の父親は、仕事から帰ると「風呂に入らせろー!」、「現場にプールはねえんだ!!」とホースで水のシャワーを浴びながら震えていたそうだ。

引用元:テックインサイト

こうゆうことからも分かるように、本当に極貧生活を送っていたんですね!

スポンサーリンク

幼少期の辛い過去を調査!

中居さん幼少期に極貧生活を送っていた時の食事が辛すぎる!

兄と考案したというご飯の食べ方が凄いんです。

「米はあるのでバターとしょう油で“バターご飯”にしたり、チューブのわさびと酢をかけて“わさびご飯”にした」と兄たちと考えた食べ方を紹介した。それで何もなくなると「水をかけてみようか?」と考案したのが“水かけご飯”だった。

引用元:テックインサイト

このような幼少期を送った中居さん、今は「お金で不安を感じたことはない」と語っています。

中居さんは子供時代の体験が贅沢を許さないのか、食事を残すことができないそうです。

唯一のこだわりは「晩酌は麦焼酎いいちこ」という程度。

なんだか中居さんを身近に感じますね。

まとめ

中居正広は父子家庭で育った⁉極貧の幼少期の辛い過去とは?について書きました。

辛い幼少期を送っていた中居さんですが、現在はMCやったら右に出る者がいない位の地位を築かれてますね。

母やご兄弟とも仲が良いらしいので、早く元気になってテレビに出てきて欲しいです。

スポンサーリンク
目次